手芸用のゴム紐が出てきたことで、思い出しました。

家族がゴム紐があれば欲しいというので、お裁縫箱の中を探してみました。
何でも割烹着の袖がゆるくなってきたらしく、ゴム紐がいるそうです。
すると、私にしてはきちんと隅っこにおさめていたではありませんか。
さっそく、家族にゴム紐を渡したのですが、役に立てばいいなと思います。
そういえば、以前フリルの付いたブラウスを作ったときに、このゴム紐を通しました。
無事出来上がったのは良いですが、ゴム紐の入り口がわからなくなってしまったという、残念なおまけ話がありました。
今後、もしブラウスの襟元がゆるくなったら、リボンをつけて、襟元を引き締めようかと考えたりしています。
ゴム紐の入り口がどこにしたか、今度ブラウスを縫うときは気をつけようと思いました。
不器用な初心者である私は、必ずどこか失敗しているような気がします。今度は、もっと良いお洋服を縫いたいと思っています。
使わなくなった手芸品を大事に収めておくことも大事ですが、お洋服を縫うとき、ゴム紐の入り口をわかりやすくしておくことも大事だと思いました。廃車買取 宮崎