愛すべき狸おやじ達です

日曜日のお楽しみ『ルーズヴェルト・ゲーム』。池井戸潤さんの原作のドラマはやはり面白いです。

『花咲舞が黙ってない』も好きだけど、こちらはなんといっても暑苦しいおやじ達がステキ。

唐沢さんの細川社長や江口さんの笹井専務や石丸さんの三上総務部長はスマートで文句なしにかっこいいですね。

でも私は癖のある狸おやじ達にハマってます。『半沢直樹』に続き出演の香川さんのジャパニクス社長の諸田。ねっちりとした自己中なおやじっぷりはお見事です。

六角さんの朝比奈製造部長もいつもの六角さんとはイメージが違って、細川社長を目の敵にする小物っぷりがたまりません。

そしてお気に入りは立川談春師匠演じるイツワ電器の坂東社長。コスト至上主義の腹黒おやじです。談春師匠は連ドラ初出演だそうですが、噺家さんはやっぱり演技が上手いですね。敵役なのに談春師匠のギョロっとした目とおちょぼ口が何とも可愛らしくユーモラスで憎めなくなります。

終盤に向けてどんでん返しがまだまだあるんでしょうね。狸おやじ達からも目が離せません。